読本 イノベーションのための連環データ分析
新しい世界をクロス表で探索してみよう
OutlineShape1
Why Words & Data Work for 
Innovation

Data ComBine Analysis
 Beyond 
Cross Data Explorer
V0.687


新しい世界をクロス表で探索してみよう

読本 イノベーションのための連環データ分析

Why Words & Data Work for
Innovation
Data ComBine Analysis
 Beyond
 Cross Data Explorer
――――――――――――――――――――――――
2020年1月26日0.680発行、4月8日 改0.687
c Data Cake Baker Corporation
2020 Printed in Japan

著者 唐澤英安 小林稔 唐澤英長
URL: http://www.dcb.co.jp/

コンテンツ


プロローグ 編 ビジネスはすべてイノベーションとなる
1◇生活環境と価値観で時代を区切ってみる
2◇コミュニティの機能をゲームの観点で捉え直おす
3◇時代はデータとデータ・パティシエを求めている
4◇中動態でイノベーションを考える
1◇中動態構文から仕事を考える
2◇仕事はすべて、ヒトと環境との相互作用である
3◇言葉がヒトと環境を結ぶ最初のデータだった
4◇データから意味のある情報へ、役に立つ知識へ

1◇ヒトは6感・6種のセンサーで環境データを得る
2◇ヒトは複数の知性で外部環境に表現する
3◇半導体から始まったデジタル環境の進化の本質
4◇ クロス表で、ものごとやできごとを全て表現したい
1◇分るということ・・・深く分るディープ・データ
2◇分るということ・・・広く知るビッグ・データ
3◇ヒトは環境をデジタル・メディアで再構築している
4◇データ科学における形式主義の反省
1◇イノベーションの場で神々の3機能が動きだす
2◇場にイノベーション・プロジェクトの座が建つとき
3◇イノベーションには序・破・急の旅の急所がある
4◇目的をデザインする目的工学を始めよう

1◇プロジェクト・オーナの登場
2◇コア技術から芽生えるコアモジュール
3◇広がるランドスケープから始める
4◇開発デザインフェーズのデータ分析

1◇プロジェクト・リーダがコア・プロダクツに挑戦
2◇コア・モジュールからホール・プロダクツへ
3◇計画と実行が響き合うプログラミング・フェーズ
4◇製品デザインフェーズのデータ分析



1編 1枚のクロス表データの同時布置・同時クラスタリング分析法

2編 サブジェクトを共有する複数の多連クロス表データの可視化分析法

3編 サブジェクトとアトリビュートを共有する多連多段クロス表の分析

4編全てのデータをクロス表で整理し準備する

5編 従来型多変量・多次元データ分析を俯瞰する

6編目的をデザインとイノベーションのマネジメント

7編テキスト&データマイニングと集合知Ai&Bi

エピローグ編

参考文献と註